公認会計士と税理士はどのような違いがあるのですか?

公認会計士と税理士はどのような違いがあるのですか?

一見すると同じに見えてしまいがちな公認会計士と税理士は、根本的な違いとして監査業務と税務業務という違いがあります。公認会計士は、会社の帳簿や決算内容について監査役として中立な立場で業務を行うことが求められます。一方、税理士は主に税務業務を担当するので、会社だけでなく個人事業主であっても依頼者に寄り添って税金に関する処理を行うことになるわけです。このため、中規模以上の会社では税理士が作成した税務署類を公認会計士が監査するといった状況が生まれるので、少なくとも同じ業務を行っているわけではありません。
公認会計士は監査義務が発生する資本金5億円以上または負債が200億円以上ある大企業に対して、監査役として経理部が作成した会計書類の監査を行います。最終的に監査証明書を添付した上で税務署へ提出することになるので、大企業が行う不正をいち早く見つけて税務署へ提出する前に正すといった役割を果たすわけです。一方、税理士に関してはあくまでも会社または個人事業主の代理人として税務署類に誤りが無いか確認するだけでなく、そもそも税務知識が殆ど無い個人事業主から丸投げされた帳簿チェックまで行う相談役としての業務もあります。実際に顧問契約を結んで個人事務所や中には相続税計算まで行うといった場合もあるので、個人が公認会計士へ依頼することはありませんが、税理士ならば付き合いがある人も資産家ほど多くなるわけです。特に税金に関する法改正は頻繁に行われているので、身近な税務相談を行えるのが税理士としての役割となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする